Joyful Note
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
 お名前をお書き下さい
 メールアドレスをお書き下さい
 タイトルをお書き下さい
掲示板へ直接アクセスした場合には投稿できません。トップページから入り直してください。
 メッセージをお書き下さい(タグ及び半角カナは使用できません)
 
メッセージの中にはURLを書き込まないで下さい
 URLをお書き下さい
 添付File
 暗証キー (記事削除・修正用。英数字で8文字以内)
 文字色を指定して下さい

平尾台ウオーク! 投稿者: 投稿日:2020/11/23(Mon) 08:48:31 No.12120  

木下さん、おはようございます。
新型コロナ・・・止まることなく感染拡大・・・屋内に閉じこもっていると気持ちが萎えて、愈々足腰が弱ってきます。苦笑。
21日、土曜日、茶が床園地出発が13時40分頃、午後の時間帯で平尾台をウオーキング。
まずは13時50分頃、上弦の月&乱舞するパラグライダーの1枚。
写真の右下がフライト基地:桶ヶ辻・・・吹き流しも見えます。



Re: 平尾台ウオーク!  - 2020/11/23(Mon) 08:56:03 No.12121  

小春日和の台地では草紅葉が始まり、ススキの穂が銀色に煌めいており、彼方此方で思わず足が止まります。笑い。
2枚目は15時52分頃、煌めくススキ越し竜ヶ鼻〜福智山〜尺岳の1枚。



Re: 平尾台ウオーク!  - 2020/11/23(Mon) 09:02:05 No.12122  

下り坂の天気予報なので、沢山の雲が焼ける夕暮れを妄想していましたが・・・。笑い。
最後は16時45分頃、竜ヶ鼻に沈む夕日の1枚。

月末くらいに降雪が期待されますが、予定は未定です。笑い。では、また。



Re: 平尾台ウオーク!  - 2020/11/24(Tue) 10:02:17 No.12123   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
平尾豪庭の散歩ですか。
贅沢な散歩です。
紅葉シーズンが終われば、霧氷&樹氷の「冬の華」や雪化粧を待つことになります。
天気予報では今月末にその可能性がありそうですね。
過去を振返っても降雪の確率は高いですよ。
でもコロナの3波は大きい。
叉県境移動が規制されオジャンになるかな。
では。写真は昨年の11月30日です。
この後、長者原に下り、泉水山〜黒岩山を周回して牧の戸に戻りました。



再びの男池うえの台! 投稿者: 投稿日:2020/11/13(Fri) 20:03:39 No.12117  

木下さん、こんばんは。小春日和と言うよりは雲ひとつないピーカン晴れの暖かい日が続いています。
昨日、12日、木曜日、何時も素通りしている深耶馬渓の紅葉を観賞しようと思い、ゆっくり出発で10時前に一目八景の駐車場に到着したところ、すでに想像以上の車と人・・・ならばと・・・もう1時間車を飛ばして男池に向かい、12時頃から入山。
まずはうえの台から何となくセクシーな紅葉の1枚。



Re: 再びの男池うえの台!  - 2020/11/13(Fri) 20:12:06 No.12118  

3日前と同じ場所で食事、休憩&撮影・・・登山者も少なく木漏れ日のなかでのんびりと静かな時間を過ごしました。
学習成果が出ているかどうか判りませんが、紅葉が残ってくれていたのでトライしてみました。悠悠の「エデンの園」です。笑い。

顔を忘れられないよう牧の戸のみきちゃん家に寄り、アイスタイムをしていたら、朝駆け当時に食料調達をしていたコンビニの社長ご夫妻と懐かしくもばったり!
では、また。



Re: 再びの男池うえの台!  - 2020/11/14(Sat) 09:58:50 No.12119   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
中2日の男池ですか。
がんばりますね。
今年は「エバの樹」良いようですね。
蛇(桂)と配色の美、やはり男池上の台のエデンの園ですよ。
では。次は霧氷の華ですね。
これは、その紅葉と霧氷がバトンタッチしたような光景です。
北国は紅葉と雪と青空が同時に見れる光景を三段染めといいますが、南国九重は紅葉と雪のセットは無理ですから、紅葉と霧氷と青空の三段染めです。(苦笑)



男池うえの台の紅葉! 投稿者: 投稿日:2020/11/10(Tue) 07:56:32 No.12113  

木下さん、おはようございます。
昨日、09日、月曜日、気温5℃の男池登山口取り付き10時15分頃、妻さんを連れて御池うえの台の紅葉散策に行ってきました。笑い。
まずは11時45分頃の1枚。
紅葉前線はかくし水から更に下っており、いのちの木辺りからは上空を向いて下りたので、首が痛くてむち打ち症になりそうでした。笑い。



Re: 男池うえの台の紅葉!  - 2020/11/10(Tue) 08:10:51 No.12114  

11時50分頃から登山路脇のふわふわの落葉に座って、小一時間の食事・休憩&撮影。
2枚目は12時22分頃、あの樹からの1枚。
この辺りだけが3色紅葉の見頃からピーク・・・金色♪銀色♪桃色吐息♪笑い。



Re: 男池うえの台の紅葉!  - 2020/11/10(Tue) 08:24:09 No.12115  

うえの台の紅葉を堪能して、13時25分頃、気温9℃の男池に下山。水汲みをして帰路に就きました。
最後は12時45分頃の1枚。
では、また。

PS:赤川温泉:雄飛の滝・・・今年の紅葉はピークを過ぎたそうです。なお7月豪雨で滝も建物も被害が出て、ただいま復旧工事真っ只中、写真撮りは・・・春のマンサクの季節にお越しくださいとのことでした。



Re: 男池うえの台の紅葉!  - 2020/11/10(Tue) 11:03:28 No.12116   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
紅葉光下の男池上の台綺麗ですね。
中でも目を惹くのが「エバの樹」と呼ばれるカエデの大樹。
天に広がる配色は究極の美と言っても過言ではありません。
「エバの樹」には片手で握りきれないほどの大きなカツラが巻いていますね。
此のカツラがエバに近づきエバを誘惑した蛇をイメージしているとのこと。
ロマンがあり、限定的な空間の美しさは「エデンの園」を連想させます。
では。その誘惑した蛇と配色の美の「エバの樹」です。
PS:赤川荘も滝も大雨の被害を受けたのですね。
最近、九重の変わりようが激しいですね。



英彦山に祈る! 投稿者: 投稿日:2020/11/05(Thu) 07:02:21 No.12104  

木下さん、おはようございます。
4日、水曜日は予定どおりだったでしょうか?更新が楽しみです。

自分:3日、火曜日:文化の日、英彦山豊前坊:高住神社に参拝、柴燈大護摩修法でいっぱいお祈りをしてきました。笑い。
まずは13時00分頃、導師、山伏さんご一行の豊前坊:高住神社入場の1枚。



Re: 英彦山に祈る!  - 2020/11/05(Thu) 07:09:12 No.12105  

本殿での儀式が終わり、ご一行は護摩焚き場に入堂し、問答、法剣、法斧、法弓、願文の儀式を経て火入れ。
2枚目は13時49分頃、火入れ開始直後の1枚。



Re: 英彦山に祈る!  - 2020/11/05(Thu) 07:15:02 No.12106  

押し寄せる怒涛のように読経が流れ、ほら貝の音が響き渡り、迫力満点!護摩焚きが進められます。
3枚目は13時54分頃の1枚。
護摩焚きの煙が昇り竜のように捻じれて昇って行く様は壮観!お見事でした。



Re: 英彦山に祈る!  - 2020/11/05(Thu) 07:19:14 No.12107  

こちらは、愈々、護摩焚きのクライマックス・・・護摩焚きが高熱になり、赤い炎が出始めた14時05分頃の1枚。



Re: 英彦山に祈る!  - 2020/11/05(Thu) 07:28:05 No.12108  

勇壮な護摩焚きに参拝することができ、家内ともども欲張って沢山のお願いをしました。苦笑。
5枚目は14時10分頃の1枚。



Re: 英彦山に祈る!  - 2020/11/05(Thu) 07:31:32 No.12109  

護摩焚きの一連を見ていただきたく、沢山ペッタンさせていただきました。悪しからず。
最後は14時55分頃、呪文を唱えて火渡りの1枚。

来週のどこかで男池うえの台の紅葉・・・見納めに登りたいと思っています。では、また。



Re: 英彦山に祈る!  - 2020/11/07(Sat) 13:03:21 No.12110   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
沢山の護摩焚きの写真ありがとうございました。
護摩焚きは法華院山荘主催の山開きの前夜祭で2、3度参加したことがあります。
最後に火渡りもさせていただきました。
4日は一年振りの朝駆けです。
目的は天狗が城北尾根からの「ダイヤモンド中岳」です。
真の夜明から30分近く遅れる九重第二の夜明です。
一番近い所で見ているだけに迫力がありましたよ。
ダイヤの大きさは100カラット以上はある超巨大ダイヤでした。
ガスの絡みも良くてブロッケンも発生していました。
山肌はすっかり冬枯れし霧氷の華や雪化粧を待つばかりです。
そう言えば夜明前のほんの僅かな時間でしたが初霧氷を確認できました。
しかし、順調なのも此処まで。
カメラが撃沈です。
多分本体ではなくてレンズだと思います。
ガックリ撃沈して、下山後の紅葉スポットめぐりはその気にもなれず早々帰宅しました。
今から修理です。(レンズだと判りました。買い替えなくてはなりません。トホホッ)
では。超巨大ダイヤです。



Re: 英彦山に祈る!  - 2020/11/07(Sat) 16:47:21 No.12111  

木下さん、こんにちは。今年も立冬を迎えました。
朝駆けお疲れさんでした。超高価なダイヤモンド・・・wonderful!・・・ありがとうございました。笑い。
レンズ・・・買い替えて、また一段と綺麗な写真を見せて下さい。

自分:NO.12059で書いたように暑さで誤作動したデジカメ・・・完全に戻っていませんが何とか使っています。
4日、水曜日は、妻ら三姉妹の専任運転手・・・嘉麻でリンゴ狩りをして英彦山で紅葉狩り・・・連荘の英彦山詣でになりました。
紅葉が綺麗だった凡聖結界の銅の鳥居から14時45分頃の1枚。

では男池うえの台はどうでしょうか?週明けに歩いてみます。



Re: 英彦山に祈る!  - 2020/11/08(Sun) 13:22:19 No.12112   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
三姉妹孝行ですか。良いことです。
カメラ撃沈で、下山後の紅葉スポットめぐりも撃沈。
早々の帰宅になりましたが、その前に一寸だけ赤川に寄りました。
紅葉はピークか若干過ぎているように見えましたが綺麗でしたよ。
ところで、御存知のように赤川は源頼朝ゆかりの歴史のある温泉で知られています。
その源泉の近くに「雄飛の滝」と呼ばれる滝があります。
高さは10mほどで高くはないのですが以前ポスターにもなったこともあり紅葉とのコントラストが素晴らしい。
でも「赤川荘」に宿泊するか露天風呂に入らなければ見ることができませんけどね。
それが添付の写真です。
では。カメラの不具合はやはりレンズでした。
買い替えることにします。トホホッ!(痛い)



未完成の1枚! 投稿者: 投稿日:2020/10/31(Sat) 10:41:49 No.12101  

文化の秋・・・飛び石連休の初日は好天に恵まれて、くじゅうは紅葉観賞で大賑わいのようです。良いことです。

さて、例年ですと自分が住んでいる街でも地域文化祭が開催され、九重の写真を貼らせて貰っていましたが、今年は諸行事に同じくコロナ禍で中止になりました。

ペッタンしているのは、その地域文化祭でも展示した2008年10月16日:木曜日、17時07分頃、初めての大船山夕日駆けで出会った御池縁一文字焼けの1枚・・・山頂独り占めで感動したことを懐かしく想い出しています。笑い。




Re: 未完成の1枚!  - 2020/10/31(Sat) 10:59:49 No.12102  

これ以降、何度か山頂からの一文字焼け&御池縁からのミラー紅葉に挑戦・・・。
こちらは2013年10月21日:月曜日、16時45分頃、未完成に終わったミラー紅葉一文字焼けの1枚。
水面のさざ波が消えず、完成叶わず・・・今日に至っています・・・もう無理です。苦笑。
日没時間を控えた大船山頂でのあの興奮の15分間が忘れられません。
では、また。



Re: 未完成の1枚!  - 2020/10/31(Sat) 14:10:31 No.12103   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
今年も大船山には行けませんでした。
18日がチャンスでしたけど、妻にせがまれ牧の戸コース(星生山西斜面&肥前が城&扇が鼻)に化けてしまいました。(苦笑)。
でも結果的には牧の戸コースは最高でしたし、仮に大船山に行けていたとしても、風がありましたのでミラー紅葉一文字焼きは無理でしたね。
これは九重の女神のみぞ知る運ですからね。
それまでの行いで女神を味方に付けていなければ・・・。(笑い)
それでは私が悠悠さんの未完成のミラー紅葉一文字焼きの細波を消して差上げましょう。
エ〜イ、チチンプイプイのプイ・・・どうです。細波が消えたでしょう。(写真)
では。11月4日は天狗が城から「ダイヤモンド中岳」です。



男池コース紅葉散策! 投稿者: 投稿日:2020/10/28(Wed) 08:28:09 No.12096  

木下さん、おはようございます。
紅葉前線の降下に合わせたような秋日和が続き、ライブカメラで見る限り、牧の戸コースは、連日:早朝から沢山の登山者でにぎわっているようで・・・良いことです。
山仲間のボッチさんからソババッケの情報をいただいて、昨日、27日、火曜日、気温6℃の男池取り付き09時丁度、男池コースの紅葉散策に妻さんと登ってきました。笑い。
まずは10時19分頃、かくし水の1枚。

いのちの木を過ぎた辺りから7月豪雨で流出した岩石や土砂に因って登山路が寸断され、黒岳原生林の風景も一変・・・言葉もありません・・・改めて自然災害の猛威を感じました。涙。



Re: 男池コース紅葉散策!  - 2020/10/28(Wed) 08:40:22 No.12097  

新しいロープとテープで示された段差の多い新しい登山路を浮石に注意しながら、一歩一歩慎重に登っていると、マイパワ―スポット:倒れた老大木到着直前で登ってきたhigetias&mamatiasさんご夫妻と偶然の出会い、暫し情報交換。
2枚目は10時49分頃、その倒れた老大木からの1枚。
日当たりが良い所為か、周囲では紅葉が始まっていました。



Re: 男池コース紅葉散策!  - 2020/10/28(Wed) 08:50:50 No.12098  

倒れた老大木から先は、2015年年10月26日、月曜日に奥セリ入口まで紅葉散策に登って以来・・・ぽつぽつと目立ち始めた紅葉を頭上に見あげながら、木の根の坂をゆっくりと懐かしく登り、ソババッケ到着が12時15分頃。
3枚目はそのソババッケから12時25分頃の1枚。
窪地は黒ボク土で埋まり、大きな干割れができて、昔日の面影はありませんでしたが、周囲の樹々は季節到来とばかりに赤や黄色の紅葉で耀いていました。



Re: 男池コース紅葉散策!  - 2020/10/28(Wed) 09:05:44 No.12099  

木漏れ日に温かさを感じながら、金色!銀色!桃色吐息!の紅葉に癒されながら、昔日の想いに浸りながら、食事&休憩。
13時15分頃、名残り惜しくもソババッケを後にして、怪我がないよう慎重にも慎重を期して下山・・・気温12℃の男池到着が16時丁度。
最後は12時40分頃、ソババッケから究極の紅葉の1枚。
では、また。

ボッチさんに感謝!男池うえの台にはまた出かけたいと思っていますが・・・。笑い。



Re: 男池コース紅葉散策!  - 2020/10/28(Wed) 15:27:46 No.12100   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
ソババッケの紅葉とても良いようですね。
と言う事は、山の紅葉はほぼ終わりかな。
それにしても、写真を見ると、コースの風景が荒れて以前とは一変していますね。
自然災害で仕方ないとはいえ悲しい気持ちになります。
今回は歯の治療と定期健診とマンションの改修工事終了が重なり、九重には行けませんでした。
今年は大変な年でしたが、運良くミヤマキリシマシーズンと紅葉シーズンは県外移動規制が解除されたので助かりました。
では。前回の扇が鼻の紅葉の中から。
涌蓋山をバックに岩井川岳下口付近の紅葉です。



平尾台で花散策! 投稿者: 投稿日:2020/10/20(Tue) 22:07:39 No.12092  

木下さん、こんばんは。なか4日で登られましたね。星生山西壁&肥前が城西壁ともピークの紅葉で師匠も奥さんも大満足だったでしょう。笑い。

自分:18日:日曜日に英彦山界隈をウロウロしたこともあって、ゆっくり妻さんとの遠征目標が見つからず、今日、20日:火曜日はカルスト台地:平尾台で花散策・・・。苦笑。
駐車スペースを何とか確保して、茶が床園地出発が11時丁度、妻さんが行けるところまで・・・。笑い。
まずは11時55分頃、小ピーク549m:岩山の1枚。



Re: 平尾台で花散策!  - 2020/10/20(Tue) 22:14:38 No.12093  

貫山に向かう最短ルートで登り、周回して茶が床園地に戻るまでにセンブリ、紫センブリ、ヤマラッキョウ、姫ヒゴタイ、秋リンドウ、ホソバノヤマハハコ、ウメバチソウ、ハバヤマボクチなどなどを愛で、ダイナミックなカルスト台地の大展望を楽しみながら1万歩ウオークも達成。笑い。
2枚目は自分好みでハバヤマボクチの1枚。一番下の蕾みの表情が可愛いかったので・・・。笑い。



Re: 平尾台で花散策!  - 2020/10/20(Tue) 22:22:43 No.12094  

今日、春の野焼きに向けて防火帯焼きをしているのは登り始めから分かっていましたが、下山途中に煙が激しく立ちのぼる箇所を発見・・・案の定、飛び火で防火帯から延焼が発生・・・消防車も登ってくるしで路側帯駐車いっぱいの茶が床園地が騒然となっていました。
最後は15時30分頃、飛び火したパラグライダーの聖地:569m桶ヶ辻辺りの延焼状況の1枚。
では、また。



Re: 平尾台で花散策!  - 2020/10/22(Thu) 19:52:56 No.12095   HomePage

悠悠さん、今晩は。
この雨で九重の紅葉も終わりですかね。
平尾台の山火事は翌日(21日)の午前7時頃に鎮火したようですね。
九重の山火事と言えば立中山、三俣山南峰、雨が池を思い出します。
18日の星生山西斜面、肥前が城、扇が鼻の紅葉は最高でしたよ。
妻も大いに喜んでいました。
紅葉期は光の重要性を改めて感じました。
午前中はガス雲で今一つでしたが、午後は日差しを待つ甲斐があり、特に夕暮が近くなると紅葉光でした。
これほど粘れるのも近場なればこその余裕です。
青空、白雲、雲影も良く、紅葉景を大いに楽しませてくれました。
では。トップとのV違いです。



三俣山西峰下で(-_-;) 投稿者: 投稿日:2020/10/16(Fri) 20:49:35 No.12089  

声をおかけした長靴姿の者です。あとでひょっとして木下さんと気づいて、後を追いかけても良かったのですが、健脚には追いつけません。つい断念してしました。お元気で何よりです。これからも「九重山の四季」楽しみに拝見してまいりますので、よろしくお願いします
小生は「ヤマレコ」に、”4080taka”名でレコアップしています。お時間があれば。また九重山のどこかでお会いできることを祈念しております。



Re: 三俣山西峰下で(-_-;)  - 2020/10/17(Sat) 10:47:13 No.12091   HomePage

TS山口さん、こんにちは。
西峰下で挨拶を交わしたのはTS山口さんでしたか。
お久し振りです。
健脚なんてとんでもない。
それは昔の名前で出ていますです。(笑い)
今はメスゴリラ化したヨタヨタ古希脚です。
朝駆けされたんですね。
今年はコロナで熊本県は県外移動自粛要請が度々出され九重にも思うように行けません。
周囲の目もあるしステイホームですよ。(苦笑)
でも紅葉期間まで要請が継続するようであれば、レポートは書かずコソッと行く予定でいましたよ。
三俣山良かったですね。
午前中は牧の戸コースの星生山西斜面、肥前が城にいましたが、光の入射角の関係もあるのか、くすんでいました。
それが三俣の鍋で一変し金銀珊瑚綾錦の絵巻が広がりました。
残念なのは、大雨後初めて通る硫黄鉱山道の崩落箇所が気になり、明るい内にと下りようと思い、「御鉢回り」ができなかったことです。
では。叉何処かでお会いしたいですね。
大鍋小鍋の宝石の紅葉です。



牧の戸コースで紅葉散策! 投稿者: 投稿日:2020/10/16(Fri) 06:43:52 No.12085  

木下さん、おはようございます。いつもお心遣いありがとうございます。
台風9号、10号&14号に古葉をふるい落とされた満天星ツツジ・・・ここにきて10℃以下の朝が続いたことで残り葉が鮮やかな紅葉に仕上がり・・・大船山や三俣山では数日前からピークを迎えているとか?
13日:火曜日は予定どおりのコースで紅葉を楽しまれたようで・・・HP拝見・・・お疲れさんでした。

自分:天気予報と睨めっこして、昨日、15日:木曜日、気温12℃の牧の戸取り付き11時丁度、ゆっくり妻さんと登れるところまで・・・。
まずは嵌まりこんでいるダルマ朝日・・・自宅出発(08:00)前の06時23分頃に撮った1枚。



Re: 牧の戸コースで紅葉散策!  - 2020/10/16(Fri) 06:51:08 No.12086  

沓掛山稜線に登ったところで妻さんがスマホを忘れてきたことに気付き・・・以後は付かず離れず・・・最終到達点は扇が鼻分岐になりました。苦笑。
2枚目は扇が鼻分岐下から星生山西壁の紅葉、13時20分頃の1枚。
予想以上の鮮やかな紅葉を満喫!



Re: 牧の戸コースで紅葉散策!  - 2020/10/16(Fri) 06:59:05 No.12087  

3枚目はブロッコリーの丘に戻り、遅い食事休憩中に撮った星生山西壁:天狗岩、14時18分頃の1枚。



Re: 牧の戸コースで紅葉散策!  - 2020/10/16(Fri) 07:08:44 No.12088  

最後は15時50分頃、沓掛山稜線の真っ赤な満天星ツツジ越しに沓掛山頂と遥かな三俣山を望む1枚。
気温12℃の牧の戸下山が16時40分頃、天候に恵まれた紅葉散策でした。
では、また。



Re: 牧の戸コースで紅葉散策!  - 2020/10/17(Sat) 10:40:37 No.12090   HomePage

悠悠さん、奥さん、こんにちは。
15日行かれたのですね。
写真を見る限り、沓掛山東尾根および星生山西斜面の紅葉が、僅か2日間で一気に進んだように見えます。
13日は光の角度もあるのでしょうが、肥前が城を含め牧の戸コースは彩度がなく、くすんで見えていました。
その点、三俣山は金銀珊瑚綾錦の絵巻そのものでしたよ。
まるで別世界です。
あまりにも良いので「御鉢回り」をしたかったのですが、大雨後初めての下山道の崩落箇所が気になり余裕がありませんでした。
三俣の紅葉も此の2日間の牧の戸コースの変化を見れば更に色付いたのではないでしょうか。
大船山も紅く色付いていました。
13日、すがもり小屋でお会いした山仲間の大島さんが15日行かれているはずですよ。
後でHPで確認してみます。
では。三俣山頂からです。



色づく秋! 投稿者: 投稿日:2020/10/08(Thu) 11:54:30 No.12081  

木下さん、こんにちは。奥さんともどもくじゅうを楽しまれたようで何よりです。
自分:5日:月曜日は平尾台、7日:水曜日は英彦山:奉幣殿まで、山野草を追って歩いてみました。
まずは平尾台:堂金山から大平山〜貫山を望む1枚。
姫ヒゴタイが咲き始め、ススキなどが色づいています。



Re: 色づく秋!  - 2020/10/08(Thu) 12:02:43 No.12082  

7日:水曜日は先月28日:月曜日のリベンジ・・・奉幣殿まで登り、石の鳥居をくぐって実報荘厳土(菩薩の世界)に少し足を踏み入れたら、きつそうなので折り返し・・・苦笑。
色づき始めた紅葉を眺め、山野草を楽しみ、水汲みをして帰路に。
2枚目は英彦山:奉幣殿の1枚。



Re: 色づく秋!  - 2020/10/08(Thu) 12:14:51 No.12083  

最後は今回出会った山野草のなかから高嶺ハンショウヅルの1枚。
昨年はすぐ隣りに大株の白花があって、吃驚させられたのですが、今年は白花が1輪も見当たりません・・・1年だけの突然変異だったのでしょうか?
台風14号・・・大事になりませんように・・・祈!
では、また。



Re: 色づく秋!  - 2020/10/09(Fri) 10:24:11 No.12084   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
タカネハンショウヅル(高嶺半鐘蔓)ありがとうございました。
私が此花を九重で初めて見たのは2011年で、それ以来一度も見ていません。
名前の由来は、文字通り高嶺に咲く、つる性で下向きの小さな釣鐘状の花を火の見櫓の半鐘に見立てたハンショウヅルの意味ですが、あまり高くない里山くらいの場所に咲く花のようです。
ハンショウヅルの仲間では最も花が小型で唯一秋に咲くのでアキサキハンショウヅル(秋咲半鐘蔓)の別名もあります。
いずれにしても希少な花ですね。
大事にしなくては。
そうそう、花には花弁がなく、花弁のように見えるのは4枚の萼片ですよ。
では。台風が過ぎ、近いうちに叉九重に行きます。
紅葉の下見です。
真白なタカネハンショウヅルです。

[1] [2] [3] [4] [5]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso