Joyful Note
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
 お名前をお書き下さい
 メールアドレスをお書き下さい
 タイトルをお書き下さい
掲示板へ直接アクセスした場合には投稿できません。トップページから入り直してください。
 メッセージをお書き下さい(タグ及び半角カナは使用できません)
 
メッセージの中にはURLを書き込まないで下さい
 URLをお書き下さい
 添付File
 暗証キー (記事削除・修正用。英数字で8文字以内)
 文字色を指定して下さい

今年もご指導をよろしく! 投稿者: 投稿日:2020/01/01(Wed) 15:17:40 No.11982  

木下さん、こんにちは。あけましておめでとうございます。
気温は低めですが好天に恵まれて2020年がスタート・・・穏やかなこの1年であるよう願っています。
自分は70路〆の歳を迎えました・・・年齢相応の目標を持って、体調にチュウ意しながら、楽しい山登りしたいと思っています。笑い。
まずは今日:元日、07時25分頃、カルスト台地:平尾台の小ピークから遥か国東半島に昇る初日の出の1枚。



Re: 今年もご指導をよろしく!  - 2020/01/01(Wed) 15:30:19 No.11983  

数か所の駐車場は牧の戸峠に負けないくらいのご来光登山者の車でごった返しており、自分が確認できたピークだけでも数十匹の冬ボタルが舞っていました。
どよめきと歓喜の声が平尾台に木魂した日の出時刻から20分ほど滞留し、霜柱を踏んで帰路に就きました。
最後は07時38分頃、朝日に浮かぶ羊群原の1枚。
では、今年もご指導をよろしくお願いします。



Re: 今年もご指導をよろしく!  - 2020/01/04(Sat) 14:15:50 No.11984   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
明けましておめでとうございます。
今年の初山行は珍しく2日でした。
長男を連れてのガイド山行です。
レポートは先程鉢巻を取りました。
イヤハヤ若いのは歩くスピードが速いですね。
どちらがガイドか判りません。
張合っても仕方ありませんので古希マイペースですよ。
本当にトホホッです。
景色は残雪も霧氷もなく冬枯れでしたが長男は歩きを楽しんでいました。
久住山は2度目で、稲星山、中岳、御池は初めてで喜んでくれました。
ガメラも凍結した御池も楽しんでいましたよ。
山はやはり不思議な魔力があるんですね。
では。今年も少しはガンバリますので奥様共々お付き合い宜しくおねがいします。
御池で楽しむ長男です。



初積雪の九重へ! 投稿者: 投稿日:2019/12/24(Tue) 05:09:08 No.11978  

木下さん、おはようございます。
22日、日曜日の夕刻、みぞれ予報のなか牧の戸峠が積雪しているのを確認したので、昨日、23日、月曜日、気温4℃の自宅出発が06時15分頃、途中で食料調達、給油&水汲みを済ませて、九酔渓を経由、飯田高原からは積雪・凍結路を慎重に運転して、牧の戸P到着が09時15分頃。
上空のガス雲が取れて日差しが射し始めた気温1℃の牧の戸登山口取り付き09時50分頃、積雪は7cm前後・・・慣れないアイゼンを履いて・・・ゆっくり妻さんと登山開始。笑い。
まずは10時50分頃、沓掛山稜線の積雪と雨氷の1枚。




Re: 初積雪の九重へ!  - 2019/12/24(Tue) 05:22:35 No.11979  

冷え込みが弱かったのか?樹氷の成長はいまいち、どちらかと言えば雨氷気味・・・今冬の初積雪を楽しみながら、沓掛山稜線のポイントで写真を撮りながら、沓掛山頂到着が10時55分頃。
2枚目はその沓掛山頂から10時57分頃の1枚。



Re: 初積雪の九重へ!  - 2019/12/24(Tue) 05:39:36 No.11980  

最後は沓掛山頂から11時03分頃の1枚。
沓掛山頂で雨氷や雪景色、ツーショットを撮影しているところに、朝駆け隊のボッチさん、原園さんが下山してきたので暫し情報交換・・・今回も深追いは止めました。と言うより「昔千里が今一里。」を強く感じるこの頃です。苦笑。
12時近くになると、ガス雲に峰々が覆われるようになったので、第一展望台の東屋まで下りて食事休憩。
13時20分頃、気温2℃の牧の戸登山口に下りたところで、下山してきたsumiさんともお会いできました。笑い。
今回が2019年の登り納めでしょう。
では、また。



Re: 初積雪の九重へ!  - 2019/12/26(Thu) 17:33:45 No.11981   HomePage

悠悠さん、今晩は。
悠悠さんが九重へ行かれた翌日、赤川〜久住山〜扇が鼻〜赤川と周回してきました。
16年半振りです。
久住山への登りは殆どが急な階段(木道)で、まるで「天空への階段」と洒落たいのですが、現実は「地獄への階段」で、心臓は悲鳴を上げていました。
雪は北側はまだありましたが、南側は殆どとけていました。
この時期は半日でとけますからね。
扇が鼻からの夕暮に期待したのですがレポートに書いていますように半撃沈。
でも最後は九重の女神に助けられたようです。
下山路は添がつるの道を下りました。
扇が鼻直下が黒ぼくの抉れた道の上に、視界がなくなる夜ともなると、まるで迷路で、一度迷うと元に戻れない恐怖がありました。
何度も何度も立ち止まり、GPSと感でこの迷路を何とかクリア。
大幅に時間を費やして赤川に無事下りることができました。
若くもないし今後こんな冒険はしたくないですね。
では。私もこれが今年最後になりそうです。
アーベントの撃沈後の雲が染まり始めた頃です。



平尾台から貫山へ! 投稿者: 投稿日:2019/12/16(Mon) 14:42:24 No.11974  

木下さん、こんにちは。歳を取った所為か?冷え込みが堪えて、朝、布団から出られません。苦笑。
昨日、15日、日曜日は、小春日和が勿体ないので、ゆっくりの自宅出発で茶が床園地取り付きが11時10分頃、草紅葉のカルスト台地:平尾台から貫山をゆっくり妻さんと万歩ウオーク。
まずは11時55分頃、草紅葉越し福智山の1枚。



Re: 平尾台から貫山へ!  - 2019/12/16(Mon) 14:52:44 No.11975  

草紅葉をめで、上空を乱舞するパラグライダーを応援しながら、標高712m:貫山頂到着が13時20分頃・・・昨年12月15日、土曜日以来1年振りの貫山ピークハントでした。笑い。
ピーカンの空のもと眼下の北九州空港〜苅田工業地帯、遥かに山陽小野田市から宇部岬の景色を楽しみながら、食事&休憩。



Re: 平尾台から貫山へ!  - 2019/12/16(Mon) 15:02:27 No.11976  

14時頃に貫山頂を出発・・・折り返しで15時50分頃、茶が床園地に下りたところで、平尾台の写真家:本田 茂さんと久し振りの出会い。
ご挨拶をしている間に妖しい雲の一団が西空に現れて・・・この時期の夕日スポットにご一緒させていただくことになり・・・残照時までご指導をいただいて帰路に就きました。笑い。
最後は16時45分頃、そのスポットから竜ヶ鼻サンセットの1枚。

ただただ歩く歩くは耐え難いので、目標が見つかったら・・・九重登山・・・です。苦笑。
では、また。



Re: 平尾台から貫山へ!  - 2019/12/20(Fri) 10:30:40 No.11977   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
先日、年賀のため写真を整理していましたら懐かしい写真を見つけました。
○古希を迎え益々元気な悠悠さん
○奇人変人の山仲間の代表オアシスさん
○「くじゅうの花博士」の称号を持つHEROさん
○野焼きのススでガングロになり美貌満点のkehyさん
○ガングロでもシロクロでもkehyさんにメロメロのnonoさん
○なんでか一人でいじけて反対向いてしまったBOCCI(ボッチ)さん
です。
2010年3月31日の坊がつるの野焼き終了後、出来上がったばかりの坊がつるキャンプ場の山小屋で、見学を兼ねての昼食会です。
年末の山、まだ目途が立っていません。



小春日和です! 投稿者: 投稿日:2019/12/09(Mon) 11:22:30 No.11971  

木下さん、こんにちは。寒波が落ち着いて、昨日、今日と平年の気温に戻り、三俣山の冠雪もすっかり融けてしまったようです?
昨日、8日、日曜日は、地元:築城基地航空祭で遊んできました・・・。
まずは八咫烏(ヤタガラス)と呼ばれている60周年記念塗装されたF−2A機の1枚。
この塗装では今回が最後の展示だったそうです。トリミングかけています・・・。



Re: 小春日和です!  - 2019/12/09(Mon) 11:27:49 No.11972  

> そして2年ぶりにブルーインパルスの編隊飛行を見ることができました。
タイミング良く青空が広がり、エプロンまで超満員になった観客をどよめかせるアクロバットな飛行を首を痛くしながら楽しみました。
では、そのなかから1枚。トリミングかけています。

2019年の納め登山を考えていますが、予定は未定・・・どうなることか?
では、また。



Re: 小春日和です!  - 2019/12/09(Mon) 13:03:58 No.11973   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
色々楽しまれていますね。
良いことです。
2週間ほど前、遅れていたオシドリとカモが飛来しました。
コウノトリはまだ見ません。
今年は来るのかな。
では。荒尾三段池のオシドリとカモです。



ああ!三俣山! 投稿者: 投稿日:2019/12/05(Thu) 11:49:15 No.11967  

木下さん、こんにちは。
30日、土曜日は物凄く頑張りましたね!後半で泉水越えですか!・・・36,000歩・・・真似できません。笑い。
さて、週初めから寒波襲来のなか、昨日、4日、水曜日、水汲みがてら九重山麓までドライブ。登山靴、ストック、防寒具一式は用意していましたが、インターバル不足から登れる余裕なし・・・。苦笑。
まずは13時15分頃、気温0℃の牧の戸峠展望台から冠雪&樹氷の三俣山の1枚。



Re: ああ!三俣山!  - 2019/12/05(Thu) 12:00:44 No.11968  

自宅出発が09時30分頃、水汲みして長者原到着が12時30分頃、この後、牧の戸峠(撮影)〜長者原(食事&撮影)〜牧の戸峠(撮影)〜長者原(撮影)。
2枚目は15時39分頃、長者原からの1枚。
北峰、本峰&西峰の冠雪がいっせいに耀くタイミング・・・難しかったです。



Re: ああ!三俣山!  - 2019/12/05(Thu) 12:12:49 No.11969  

最後は16時32分頃、気温2℃の牧の戸峠展望台から黄昏れ三俣山の1枚。
結果的に長者原〜牧の戸を2往復・・・三俣山の冠雪景を楽しんで帰路に・・・。

引き続き冷え込んでいるので、樹氷、霧氷も成長しているでしょう?
では、また。



Re: ああ!三俣山!  - 2019/12/07(Sat) 14:56:25 No.11970   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
初冠雪はライブカメラで見ました。
由布岳はテレビニュースでも流れていましたね。
今回はレポートにも書きましたが、夜明と霧氷&樹氷が良ければ天狗が城のピストン止まり、そうでなければ周回コースを考えていました。
景色の成果がなければ、ひたすら」歩け歩けですね。
いつもの気まぐれみたいなものです。(苦笑)
冬は雪山を望みますがスタットレスタイヤの関係で何度行けるか判りません。
新たにスタットレスを買うのは車自体をいつ買換えることになるか判りませんのでモッタイナクテですね。
泉水山〜黒岩山の縦走が結構多いのには驚きました。
今回いくつものグループに会いましたよ。
景色も良く体力がなくても楽しめますからね。
それでも全て牧の戸からばかりでしたね。
長者原から登るとなると、牧の戸〜久住山の標高差と概ね同じですからね。
春、夏は花も楽しめそうです。
夏は一寸暑いかな。
では。一寸古いですが2008年1月19日の最初の縦走です。



平尾台ウオーク! 投稿者: 投稿日:2019/12/01(Sun) 11:21:21 No.11963  

木下さん、こんにちは。暖冬傾向のなか、今年も師走を迎えました。
雨天予報前日の小春日和×東風=平尾台のパラグライダー日和・・・と言うことで、昨日、30日、土曜日は、迷わず地元のカルスト台地:平尾台へ・・・パラグライダーの聖地:標高569m:桶ヶ辻までウオーキング。
まずは桶ヶ辻山頂から草紅葉の平尾台遥か福智山系の1枚。ワイドです。笑い。



Re: 平尾台ウオーク!  - 2019/12/01(Sun) 11:26:55 No.11964  

茶が床園地取り付き08時15分頃、ゆっくり妻さんペースで周防台経由桶ヶ辻到着が10時15分頃。
パラグライダーには少し強すぎる突風まじりの風が吹くなか、5組ほどが待機していましたが、要領よくキャノピーをコントロールして紺碧の空へと離陸して行きます・・・スリル満点!・・・楽しませて貰いました。
2枚目は10時30分頃の1枚。



Re: 平尾台ウオーク!  - 2019/12/01(Sun) 11:36:04 No.11965  

最後は11時40分頃の1枚。シルエットで見えるのは国東半島です・・・。
パノラマ絶景と順番待ちで次から次へと飛び立って行くパラグライダーの飛行を堪能しながら、食事を挟んで11時50分頃まで休憩後、茶が床園地に下山。
下山時には汗ばむほどの小春日和の良い1日でした。
では、また。



Re: 平尾台ウオーク!  - 2019/12/03(Tue) 10:39:34 No.11966   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
パラグライダー良いですね。
実は私もやりたいのですが、今度は骨折で済まなくなりますからね。
死んでまで山仲間に笑われるので止めときます。(笑)
30日の10時半頃は長者原に下りて立派過ぎるトイレで奮発していました。
この日は夜明と霧氷&樹氷で満足できれば天狗が城ピストン止まり、そうでなければ本編の周回コースを考えていました。
結果的には黎明は抜群でしたが、夜明は超ピーカンのため単調でした。
霧氷&樹氷は最初は霧氷とばかり思っていました。
可也成長はしていたのですが、強風でしょうね。
殆どが落ちていました。
其の落ちた姿を見ると、どうも霧氷じゃなく雪のようなので、後で聞くと初雪があったとのこと。
私にとっては霧氷でも樹氷でも初めてです。
初雪、初霧氷&樹氷ですね。

泉水山〜黒岩山の縦走は5年振り3度目です。
眼下に広がる箱庭のような景色は最高ですね。
バックの九重の主峰達も一望です。
心配していた霜柱も解け始めていましたが、思いのほか緩みがなく状態はマアマアでした。
急登急登の上泉水山まで心臓は「止まれ」「止めて」を連呼していましたけどね。
叱咤激励しながら何とかでした。
今回の登行距離は概ね23km、36000歩です。
では又。
天狗が城北斜面に残る霧氷&樹氷とモルゲンロートです



暦は小雪! 投稿者: 投稿日:2019/11/21(Thu) 08:26:39 No.11959  

木下さん、おはようございます。暦のうえでは小雪を迎えました。
19日、火曜日に今冬の初霧氷が付いたようなので、一日遅れながら朝晩の冷え込みが続いた昨日、20日、水曜日、ガス雲がかかる気温氷点下2℃の牧の戸取り付き08時50分頃・・・ゆっくり妻さんと耐寒訓練?を兼ねて・・・霧氷に期待して沓掛山へ。
まずは09時53分頃、ガス雲が取れたばかりの沓掛山頂から泡沫の霧氷の1枚。



Re: 暦は小雪!  - 2019/11/21(Thu) 08:47:34 No.11960  

10時頃になると、ガス雲が一気に取れて、ピーカンの快晴・・・小春日和に。
三俣山〜星生山西壁〜扇が鼻北壁では霧氷の華が煌めいていましたが、ゆっくり登山では到着した頃に霧氷が解けてしまうのは必然・・・泥濘登山路もトラウマ・・・そのまま沓掛山頂に滞留。
2枚目は10時05分頃、微かに霧氷が残る沓掛山東稜線越し三俣山の1枚。



Re: 暦は小雪!  - 2019/11/21(Thu) 08:56:00 No.11961  

11時10分頃、気温2℃の牧の戸に下山、この後、男池に回り、12時頃から男池うえの台で紅葉散策・・・木漏れ日が注ぐふかふかの落葉のうえで暫しの食事&休憩・・・赤葉、黄葉の名残り紅葉を堪能して、帰路に就きました。
最後は12時38分頃、男池うえの台から昨日一番の紅葉の1枚。
では、また。



Re: 暦は小雪!  - 2019/11/22(Fri) 11:25:16 No.11962   HomePage

悠悠さん、奥さん、こんにちは。
沓掛山お疲れさまでした。
19日の三俣山のライブカメラで初霧氷は確認できました。
でも妻の手首のリハビリ等もあり、其の疲れなのか、中々山に足が向きません。
「冬の華」はこれからですし、まあ気が向いたらの気持ちで、ゆっくり構えます。
では又。星生下の透明化した霧氷です。



行く秋:終章! 投稿者: 投稿日:2019/11/14(Thu) 05:40:12 No.11955  

木下さん、おはようございます。
好天が予想される週末に野暮用が入ったので・・・昨日、13日、水曜日、急遽に思い立って、気温15℃の男池取り付き10時30分頃、もう一度、ゆっくり妻さんと男池コースの紅葉散策に行ってきました。
まずは男池うえの台から11時頃の1枚・・・日差し効果で黄葉が煌めいて魅せてくれました。



Re: 行く秋:終章!  - 2019/11/14(Thu) 05:51:01 No.11956  

かくし水の手前辺りから上空に雲が広がり始め、時折、突風も吹き始めるなか、マイ・パワースポットの倒れた老大木到着が12時05分頃。
周りの紅葉はひと段落した感じのなかで暫しの食事&休憩・・・。



Re: 行く秋:終章!  - 2019/11/14(Thu) 06:04:45 No.11957  

ひらひらひらと・・・はらはらはらと・・・舞い落ちる黄葉や赤葉に行く秋を感じながら、雲間から時折射す日差しと紅葉の煌めきに一喜一憂しながら、ゆっくり下山・・・気温12℃の男池到着が14時15分頃、おいちゃん家に寄って帰路に。
最後は13時50分頃、うえの台からあの樹の1枚。

今夜から冬型の気圧配置・・・九重でも冠雪があり、樹氷ができるでしょうか?
では、また。



Re: 行く秋:終章!  - 2019/11/16(Sat) 10:51:53 No.11958   HomePage

悠悠さん、こんにちは。
朝夕寒くなりましたね。
一昨日は霧氷を期待したのですが、ライブカメラでは確認できませんでした。
気温は氷点下でも天気が良くガスが発生していないのかな。
まあ霧氷・樹氷も、これからですので、ゆっくり構えます。
この間、どうしようかなと思案中です。
冬枯れの山は歩く他ないですかね。
気が向いたら長歩きしてみます。
では。霧氷バッチリの星生山西斜面です。

[1] [2] [3] [4] [5]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso