fl-sp422.jpg
【ヤマシャクヤク(山芍薬)】
ボタン科ボタン属の多年草。別名:−−。
名前の由来は山地に自生し全体の姿を中国から渡来したシャクヤクに見立てた。
2009年4月22日撮影


fl-sp4222.jpg
【シャクヤクの名前の由来】
シャクヤクの名前は淑やかで美しい意の綽約(シャクヤク)に由来する説がある。
2009年4月22日撮影


fl-sp4223.jpg
【純白一重の心惹かれる立姿】
七重八重の豪華絢爛たるシャクヤクの派手さはないが立姿が上品で心惹かれる。
2010年5月2日撮影


fl-sp4224.jpg
【美人薄命】
一つの茎の先に一つの花を咲かせる。花は1〜2日で散ることもあり美人薄命の花。
2011年5月15日撮影


fl-sp4225.jpg
【最後の艶姿】
ヤマシャクは清楚な花であるが、花の終わりにハッとする艶姿を見せることがある。
2011年5月15日撮影


fl-sp4226.jpg
【突然変異かヤマシャクヤク】
紅の混入がはっきりしている。花弁の大きさは多少不揃ながらもとても貴重な花である。
2010年5月2日撮影

前のページへ戻る次のページへ進む
HomePageのTopへ戻る