fl-sp501.jpg
【ナンゴクウラシマソウ(南国浦島草)】
サトイモ科テンナンショウ属の多年草。別名:−−。
名前の由来は花序の先端の細紐状のものを釣り糸を垂らした浦島太郎に見立てた。
2015年5月1日撮影


fl-sp5012.jpg
【浦島草との違い】
同じ仲間にウラシマソウがあるが、その違いは小葉が細いことと主脈に白い筋が入る。
2014年5月18日撮影


fl-sp5013.jpg
【南国に分布】
近畿地方以西〜九州に分布するので南国か。ウラシマソウは北海道〜九州に分布する。
2008年5月8日撮影

前のページへ戻る次のページへ進む
HomePageのTopへ戻る