fl-sp541.jpg
【ヨウラクツツジ(瓔珞躑躅)】
ツツジ科ヨウラクツツジ属の落葉低木。別名:ツクシツリガネツツジ(筑紫釣鐘躑躅)。
名前の由来は垂れ下がる紅紫色の花を仏像や寺院の装飾に使う瓔珞に見立てた。
2003年5月28日撮影


fl-sp5412.jpg
【九州版のヨウラクツツジ】
ヨウラクツツジ属は地域ごとに変異しながら広く住み分けている。別名はその九州版の意。
2004年5月28日撮影


fl-sp5413.jpg
【花の特徴】
花は束状に長い花柄を持ち下に垂れるが果期には上向きになる。絶滅危惧種。
2004年5月28日撮影

前のページへ戻る次のページへ進む
HomePageのTopへ戻る