fl-sp542.jpg
【アオテンナンショウ(青天南星)】
サトイモ科テンナンショウ属の多年草。別名:−−。
名前は仏炎苞をはじめ全体的に緑(青)色で、天南星は根を薬とした漢方の呼び方に由来する。
2006年5月29日撮影


fl-sp5422.jpg
【テンナンショウ属の見分けは難しい】
糸状に伸びる舷部の先、小葉の先などアオテンナンショウの特徴と思えるが全く自信がない。
2006年5月29日撮影


fl-sp5423.jpg
【葉の特徴】
小葉は鳥足状に7〜11枚で先が糸状に伸びる。葉縁は鋸葉のあるものと無いものがある。
2014年5月24日撮影

前のページへ戻るカテゴリートップページへ戻る
HomePageのTopへ戻る